mercredi 14 décembre 2016

シカゴ証取、中国投資家の買収へ前進 「安保上の懸念」なし

中国資本の投資家集団によるシカゴ証券取引所の買収をめぐり、外国企業による買収が国家の安全保障に与える影響を調べていた対米外国投資委員会(CFIUS)は、シカゴ証取の買収を認める判断を下したことが15日までに分かった。シカゴ証取は、CFIUSが買収について「未解決の安全保障上の懸念」はないと判断したと明らかにした。 シカゴ証取は創立134年。今年2月に重慶財信企業集団による買収を発表していた。 ...

シカゴ証取、中国投資家の買収へ前進 「安保上の懸念」なし

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire