lundi 12 décembre 2016

アレッポ、政府軍攻勢で市民の殺害報告相次ぐ 決死の避難も

シリア政府軍が反体制派地域の制圧を進めるアレッポ東部で、反体制派系の市民が殺害されたとの報告が相次いでいる。人道状況の悪化を受け、現地で活動する人道支援団体が国際社会に助けを求めている。 反体制派団体「アレッポ・メディア・センター(AMC)」の活動家が12日、CNNに語ったところによると、これまでに殺害された市民の中には、反体制派「自由シリア軍」のメンバーと親戚関係にある女性や子どもも含まれて...

アレッポ、政府軍攻勢で市民の殺害報告相次ぐ 決死の避難も

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire