lundi 12 décembre 2016

生まれながらの薬物依存、乳児の症例10年で5倍に 米

生まれた時からヘロインなどの薬物依存症に苦しむ乳児の泣き叫ぶ声が、静かな施設内に響き渡る。乳児たちは震え、嘔吐(おうと)、下痢などの症状にも見舞われる。 「出生後は薬物が切れるので離脱症状が出る。我々はそうした離脱症状を経過する乳児に対応している」。ウエストバージニア州ハンティントンにある新生児治療施設長のショーン・ルーディン医師はそう説明する。 ハンティントンでは今年9月にかけてヘロインの過...



生まれながらの薬物依存、乳児の症例10年で5倍に 米

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire