jeudi 15 décembre 2016

現役操縦士の12%にうつ症状、4%は自殺の考えも 米調査

旅客機の現役の操縦士多数が臨床的なうつ状態にありながら、操縦士として勤務できなくなることを恐れて治療を受けていない――。米ハーバード大学の研究チームがそんな調査結果をこのほど発表した。 この調査は14日の環境衛生学会誌に掲載された。研究チームは2015年4~12月にかけて操縦士約3500人を対象に、インターネットを通じて匿名でアンケートを行った。 その1年半前に起きた独ジャーマンウィングス機の墜...

現役操縦士の12%にうつ症状、4%は自殺の考えも 米調査

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire