vendredi 16 décembre 2016

オバマ氏、ほぼ名指しでプーチン氏のハッキング関与指摘 「やめろと言った」

オバマ米大統領は16日、今年最後となる記者会見を行い、ロシアがハッキングにより米大統領選に介入したとされる問題に関し、ほぼ名指し同然でプーチン大統領の関与を指摘した。こうした動きに対する報復を誓うとともに、オバマ政権の対応が遅すぎたとの批判から自身を擁護した。 オバマ氏は会見で、プーチン氏がこうしたサイバー活動を命じたかどうかについては明言を避けたものの、ロシアの政治はトップであるプーチン氏に...

オバマ氏、ほぼ名指しでプーチン氏のハッキング関与指摘 「やめろと言った」

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire